福崎旅学-柳田國男生誕地 福崎発・民俗学を旅のツールとする-

お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

秋 冬 夏 春

立夏

小満

芒種

夏至

小暑

大暑

芒種 6月6日 6月20日まで

行事

 

 

 

自然

■ヤマモモ

と き:6月

ところ:鈴の森神社(福崎町西田原)

このヤマモモは、樹高約13m、根元周囲約3.3mと町内最大のもので、町の天然記念物であると同時に保存樹の指定も受けています。
ヤマモモというのはヤマモモ科に属する常緑高木で、雌雄異株で4月ごろ花が咲き、雌株では6月ごろ赤く球形でブツブツのある果実がなります。
この実は甘酸っぱく、樹皮は漢方薬として用いたり、褐色の天然染料として漁網を染めるのに使用されたりします。
この鈴の森神社のヤマモモは、柳田國男と深いかかわりをもつことで知られています。

その他

 

 

 

Copyright©Fukusaki Town 2009-2010.All rights reserved.
各ページ掲載の写真・イラスト及び記事の無断転載を禁じます。